別れさせ屋で略奪愛を実現するために行っていること

こんにちは!別れさせ屋社長です

元恋人or元配偶者と復縁したい」「略奪愛を叶えたい」という目的を持ち、現在のパートナーとの別れさせ工作を望むかたが大勢いらっしゃいます。やはり、ほとんどのケースで罪の意識を強く感じておられることは否めません。別れさせたところで復縁できるかどうか、この点についても不安を訴えられます。

別れさせ屋による略奪愛のお手伝いは、人を不幸にするためのものではありません。ご相談者様の目標達成だけでなく、関係者全員をよりよい生活に導くことが肝要だと考えています。

「略奪愛・すでに新パートナーがいる相手との復縁」が決して悪いものではないと知っていただくため、我々の工作方針を少しお話ししてみようと思います。

 

重要なのはターゲットに必要以上の「傷」を負わせないこと

別れさせ屋は失恋のダメージを最低限にできる別れさせ工作の成功は、ターゲットの視点から見ると「失恋」です。この体験が人生観を大きく変えてしまうことは否めません。一度の失恋で生涯独身を決めて貫く人もいますし、次の恋に移ることに対して罪悪感を覚えてしまうのはごく普通のことです。

 

そこで意識しなければならないのは、別れさせ工作を行う目的です。

復縁や略奪といった積極的な目的がある場合、ターゲットの価値観への影響は極力抑えなければなりません。別れさせたあと一時的に発生する人間不信がご相談者にも向けられてしまえば、本来の目的は達成し得ません。ご相談者様自身も、深く傷つき・後悔することになってしまいます。

別れさせ工作の相手方となる人物に対しても、慎重な対応が必要です。不適切な方法でひどい別れさせ方をした場合、状況に恨みをもった相手方が周囲を傷つけかねません。ご相談者様がその巻き添えになってしまっては、別れさせ屋としての企業倫理の問題にも発展します。

 

無用に傷つけることを避け、当事者たちが負う失恋の痛みを最低限に抑える。弊社ではそのようなコンセプトでプラン作りを行っています。

 

別れのきっかけは「ほんの些細な事」で十分

別れさせ屋の工作は「些細なきっかけ」を利用する別れさせ工作で作る「関係解消のきっかけ」はほんの些細なものです。趣味が合わない。味覚が合わない。生活リズムが合わない。相手の周囲の人とうまく波長を合わせられない。―このような、ともすると一緒に過ごす時間が解決してくれそうな不満要素を、別れさせ工作によって噴出させます。

別れのきっかけ作りは些細なもので十分というより、むしろ些細であるほど好ましいと我々は考えています。ターゲットが持つであろう失恋の印象を弱くなり、長く記憶にとどめずに済むからです。

ちょっとした理由を別れに結び付けるプランは、実務上高度な専門知識を必要とします。そのため、安易に三角関係の演出や肉体関係を使う業者も少なくありません。別れさせ屋ではこのような軽率なプランは組まず、スタッフひとりひとりに確かな実行力を身につけさせて「当事者の記憶に残りにくい失恋」を演出させています。

 

すぐに次の恋に移れる状態を作る

別れさせ屋による略奪愛・復縁の実現の仕方略奪愛または復縁を望んでおられるケースで重要なのは、ターゲットに「すぐ次の恋へ移行できる準備」を整えさせることです。

別れさせることで終わりにせず、寂しさという余韻を残し、その解決策=ご相談者様の存在を提示しておく。そして実際にご相談者様が現れることで、一度失恋によって傷ついた心が回復するという劇的なシナリオが完成します。人間は「どん底から幸せの絶頂へ」という演出に弱く、その後強固な絆を結びやすくなるものだと我々は分析しています。

ただ、このように結末をコントロールすることは、容易ではありません。

「とにかく別れさせればいい」という考え方をする探偵業者も存在します。別れさせ工作の専門企業として活動するには、目的に応じたシナリオ操作スキルが欠かせません。

こうした弊社の取り組みにより、略奪愛・復縁を望むケースでの高い実績を実現しています。

 

別れさせ屋による縁結びを望む人は多い

近頃、意中の人と縁を結ぶために「別れさせ屋を利用したい」と思いたつ人が増加しています。マッチングアプリやSNS・メディア種類問わず恋愛マニュアルが充実している現代において、時代に逆行するのではないかとも思える現象です。

こうした傾向の背後には「人間関係の複雑化」があると私は考えます。ネットと現実の二重化、友達や恋人との関係の多様化、旧来のセクシャリティ観念を壊そうとする動き…そのすべてが複雑化し、型にはまった対処法では解決し得ません。たとえ強固な意志を持って行動できる人でも、感情にとらわれない客観的で緻密な分析ができないと、適切な対処がとれなくなります。

 

略奪愛や復縁は、決してインモラルなことではありません。以前からずっと愛の形として存在しており、ここにきてプロの力が必要になっただけです。

まずは我々に事情をお話しいただいた上で、一緒に今後のことを検討させてください。