配偶者の浮気を知ったときの対応(探偵、別れさせ屋など)それぞれのメリットデメリット

こんにちは! 別れさせ屋の社長です。

配偶者の浮気を知ったときの対応は、様々です。多くの場合は夫が浮気する場合のほうが多いでしょうから、妻がどのような対応をするかです。取り乱す、冷静に対応する、離婚を前提に裁判をする等々。

これらそれぞれのメリット・デメリットについて考えてみましょう。

 

1.調査して離婚する

自分で調査する手もありますが、尾行や写真撮影は素人が行うのはなかなか困難です。別れさせ屋は専門家なので、証拠を確実におさえます。

まずは、浮気の事実を突き止めて対応する方法です。

自分で浮気調査する手もありますが、尾行や写真撮影は素人が行うのはなかなか困難です。例えば暗闇での撮影は、注意しないとフラッシュが光ってしまいます。そうでなくても、コンパクトデジカメで暗い中写すのはまず不可能でしょう。何より、浮気を疑って調査したことがバレてしまったら、あなたが不利になってしまいます。またストーカー行為で訴えられかねません。

 

次に、興信所や探偵事務所に依頼して浮気調査する方法があります。

これは確実ですが、費用もかかりますし、中には悪徳な事務所もあります。お金だけ支払い、ろくな調査もされず「浮気の事実はありません」などと報告書をもらっても、夫はどう見ても怪しいとなると、トラブルになります。

 

またどちらの方法を取るにしても、子供をかかえて離婚すれば、子育てや養育費は大きな負担になります。慰謝料や養育費を勝ち取っても、実際には支払われないケースもたくさんあるからです。

浮気に激昂し勢い余って離婚したはいいが、そのあと生活が苦しくて大変な苦労をしている方を、私は何人も知っています。子供を育てるためには、きれい事では済まず、お金がかかることを知っておかねばなりません。将来への不安もあるでしょう。

そういう意味では、到底この人とは生活していけないという場合にのみ離婚を選択すべきであり、早まってはならないのです。

 

2.知らぬふりをして仮面夫婦になる

一方、それら経済的負担を避けるため、結婚生活を続ける場合もあるでしょう。しかしながら夫への愛情は冷めてしまっていますから、夫婦というよりはただの同居人となります。

それでも、親や友人には冷めているところを見られたくないために、表面上は仲良くふるまいます。実際はお互いに無関心、食事も洗濯物も別でいながら、一歩家を出れば仲のいい夫婦を演じるというわけです。

これがいわゆる「仮面夫婦」です。

 

が、いわば自分の感情を押し殺して生活しているわけですから、文字通り、毎日が息苦しいですよね。しまいには、何のために結婚したのか、あるいは自分の人生とは何なのかという疑問にとらわれてきます。そして内心では、夫が早く死んでくれないかと願っている。

これが不幸でなくて何でありましょうか。

仮面夫婦は、一見すると楽なようでいて、実は個人の感情をねじ曲げ、事実から目をそらして生きる方法です。決していいとは言えません。

 

3.話し合ってやり直す

夫婦としてやり直す方法は、離婚や仮面夫婦を選ぶよりも、ずっと健全で前向きな方法と言えます。結婚したときには浮気も離婚も考えていなかったのですから、原点に立ち戻り、もう一度やり直そう、復縁しようという方法です。

 

話し合いが上手くいけばいいですが、多くの夫婦はここでつまずいてしまいます。感情的になって相手をなじってしまったり、喧嘩になってしまったりします。第三者を入れて立ち会い人になってもらうことは、まずしませんから、話し合いの内容も結果も、全て夫婦の責任となります。

 

この場合は、浮気を無理矢理やめさせるわけですから、表ではやめても実は関係が続いているということは十分あり得ます。それが再び発覚すると、事態はなお一層悪くなってしまいます。なぜなら夫はあなたの気持ちを踏みにじり、嘘をついていたのですから。

この段階で「もう離婚」となる場合も多いです。しかしやはり、離婚後には経済的負担や将来への不安がつきまとってきます。

 

4.浮気相手に直接「別れてほしい」と”お願い”する

別れさせ屋に頼まず直接「別れてほしい」と言っても大丈夫?

浮気相手の身元がはっきりとしているケースであれば、直接連絡をとって「夫(妻)と別れてほしい」と告げる方法もあります。

しかし、この”頼み事”を素直に受け入れられるとは限りません。自分たちで勝手に「不倫が公認されている」と解釈したり、浮気相手がヤケを起こして家庭に乗り込んできたりする可能性があります。なかには、手切れ金を要求してくるケースまであるようです。相手の言う通りお金を渡しても、不倫が解消されないばかりか、恐喝めいた方法で続けて無心されかねません。

ただでさえ浮気問題で心身が疲弊している状態です。さらにこのようなリスクを負う方法は、現実的ではありません。

 

5.別れさせ屋依頼し、浮気をやめさせる

夫婦としてやり直せればベストですが、浮気相手と切れていないのは困ります。別れさせ屋なら浮気相手ときっぱり別れさせることができます。

最後は、別れさせ屋に依頼して、浮気をやめさせる方法です。

費用はもちろんかかりますが、このメリットは、夫が自然に浮気をやめるため、「浮気はやはりいけないことだ、もう二度としない」と内省する点にあります。

 

そう思わせるための最大のポイントは、ターゲット(夫)に接近して浮気をやめさせる、別れさせ屋のテクニックです。

そのためには、夫はもちろん誰からも気づかれないようにターゲットに近づき、完璧な別れさせ工作を行うことが必要になってきます。このような完璧な工作は、素人がひとりで行うのは困難ですよね。そこで頼りになるのが、専門家です。

 

具体的には居住地や夫の仕事などによって千差万別ですが、別れさせ工作ではほとんどの場合、夫や浮気相手に接触します。時にはかなりの困難を伴いますが、どうにかして接近します。

その場合、夫や浮気相手と会話するような関係もあれば、浮気相手の友達や兄弟、同僚などに近づき情報を得ることになります。つまり工作員である立場は隠していますから、気づかれることはありません。

こうして工作することで、夫に浮気をやめさせることが最終目的です。浮気を無理にやめさせるのではないので、夫は再び浮気に走る可能性は非常に低くなります。

これが、別れさせ屋を使う最大のメリットです。

あなたの明るい未来のため、是非一度、別れさせ屋の別れさせサポートをご検討ください。

 

 

 

 

 

配偶者の浮気を知った場合、対応はいくつかあります。離婚する、仮面夫婦となって暮らす、別れさせ屋に依頼するなど。
しかし離婚すれば、経済的困窮や将来への不安はどうしてもつきまとってきます。仮面夫婦で暮らしていくことも、決していい生き方ではありませんよね。
別れさせ屋は、夫に自ら浮気をやめさせることができるので、いわば自然な方法と言えます。