別れさせ屋社長がタレントの不倫報道を一刀両断する

こんにちは! 別れさせ屋の社長です。

テレビを見ていると、よく芸能人の不倫や浮気が報道されています。どれも話題を集めますが、つくづく、男と女は障害を乗り越えてでも結びつくのだなと感じます。

最近は、写真週刊誌よりも、通常の週刊誌が不倫や浮気をすっぱ抜くことが増えてきました。

報道されて、当事者のタレントがカメラの前に出てきて、「お騒がせして申し訳ありません」と頭を下げる場面をよく目にします。

そんな報道を見て、私が感じていることを書いてみましょう。

 

マスコミは不倫や浮気を放っておけばいい

マスコミが浮気や不倫スキャンダルを報じるのは売上が伸びるから

まず、週刊誌がなぜこれほど不倫や浮気を報道したがるのかと言うと、端的に言えば、その記事を掲載することで発行部数が伸びるからでしょう。

いつの時代も、色恋沙汰は人々の耳目を集めます。それが有名人であればたちまちスキャンダルとなって、テレビなどが一斉に報道します。

マスコミにとって、これほど格好な材料はありません。

 

不倫や浮気はいけないことです。民放に定める「不法行為」に該当しますから、発覚すれば損害賠償の対象にもなります。

しかし不倫や浮気が反社会的な行為であるとしても、それが有名人であったとしても、他人を盗み撮りして大々的に報道して、皆で騒ぎ立てる。それまで当事者は、(表面上は)誰にも迷惑をかけていません。

 

「有名人にプライバシーはない」と誰かが言いましたが、私は違うと思います。

表面上は彼や彼女は配偶者と上手くいっていたかもしれず、あるいはスムーズに離婚に向けて準備を進めていたかもしれません。

それが、報道によって全く予期せぬ事態におちいってしまうのですから、本人は、迷惑この上ないと思っていることでしょう。

しかしタレントは人気商売ですから、「こんなことされて迷惑です」などとはとても言えません。言おうものなら、それこそマスコミから総バッシングを受けて、タレント生命を絶たれてしまうでしょう。

 

 

騒いでいるのはマスコミだけ

不倫、浮気のスキャンダルに対して騒いでいるのはマスコミだけだと別れさせ屋社長は思う

そしてタレントは、カメラの前でマイクを向けられてこう言います。

「このたびは、お騒がせして申し訳ありませんでした」

でも、本当にそうでしょうか。

当のタレントは秘密裡に不倫や浮気をしていただけで、世間を騒がせてなどいないのです。

世間を騒がせているのは、マスコミなのではないでしょうか。

 

だからタレントがカメラの前に出てきてこう言ったら、彼(彼女)はきっとすっきりするでしょう。

「私は確かに浮気しましたが、少なくとも、誰にも迷惑をかけていません。そっとしておいて欲しかったです。世間を騒がせているのはマスコミです。

 

 

マスコミ報道が歪めるもの

その点で、マスコミを敵に回してしまったのは、石田純一です。

決して彼の対応はまずくはなかった(少なくとも私はそう思います)のですが、「不倫は文化だ」という言葉が一人歩きしてしまいました。

しかし実は、石田純一はそう言っていないのです。

 

彼は、

「文化や芸術といったものが不倫という恋愛から生まれることもある」

と言ったのです。

これはまことにその通りで、映画、演劇、小説、歌などの多くは不倫を題材としています。特に演歌などは、歌詞を読めばその半分以上が不倫を題材としたものだと分かるでしょう。近代文学の立役者である有島武郎は不倫相手と心中し、その死は『失楽園』のモデルとなりました。物理学者のシュレーディンガーは、インモラルな女性体験をもとに物理学と生命との関係を解説したことがあります。『人間失格』で有名な太宰治は、不倫中の自分の家庭状況について、ナルシズムに満ちた一文を遺作に残しています。

私の家庭においても、絶えず冗談を言い、薄氷を踏む思いで冗談を言い、一部の読者、批評家の想像を裏切り、私の部屋の畳は新しく、机上は整頓せいとんせられ、夫婦はいたわり、尊敬し合い、夫は妻を打った事など無いのは無論、出て行け、出て行きます、などの乱暴な口争いした事さえ一度も無かったし、父も母も負けずに子供を可愛がり、子供たちも父母に陽気によくなつく。
しかし、これは外見。母が胸をあけると、涙の谷。

引用:『桜桃』太宰治

 

裕福な家庭のご子息がいて、また良家の美人ご令嬢がいて、何の障害もなく恋愛し結婚し、子供を授かる。事業はうまくいき、二人は幸せに人生を過ごしました。そんなストーリーがあったとしても、面白くも何ともありません。

反対に、(今や気にする人は稀ですが)家の格が違う、年齢差がある、親が反対している、そして、許されない恋である・・・こうなると悲劇性がありますし、二人がそれら障害をどう乗り越えていくか、結ばれるのか結ばれないのか、結末はどうなるのか、観客や読者がドキドキハラハラするためには、悲劇性や意外性は非常に大切なものとなります。

 

石田純一が言いたかったことは、おそらくこのような内容だったに違いありません。

しかし、新聞記者が発言の一部を切り取って「不倫は文化」と報道したため、事実が歪められてしまいました。

 

不倫・浮気は「悲劇」どころの問題ではない

その後の石田純一は、仕事は激減し、多額の借金を抱え、当時の奥さんと離婚し、娘は学校でもいじめられと、人生のどん底を経験したようです。

この状況は到底人の心を楽しませるものではなく、メランコリックな悲劇芸術として世間に広めることは、誰しも憚られるでしょう。彼が何を言いたかったとしても、彼の行為自体がアートとして消化されることはあり得ないのです。現実には残酷な結末が待ち構えており、被害者ではなく加害者である当事者たちを、最も深く傷つけます。

不倫・浮気は、一刻も早くやめさせなければなりません

平凡で悪意のない生活こそ、何よりも素晴らしいものなのです。

 

時おり、タレントの浮気や不倫がマスコミを賑わせますが、人気商売のタレントとしては、たとえ誰にも迷惑をかけていなくても、カメラの前で謝罪するほかないようです。
しかし一方では、浮気や不倫は、映画、演劇、小説、歌の格好の題材となってきました。
これらは悲劇性を求められるから、浮気・不倫が題材としては非常に適しているのです。